« プレイヤー制御アンプ LIB駆動 vs SIC MOS REG AC駆動 | トップページ | ホリーランド CD 試聴 »

プレイヤー制御アンプ用SIC MOSレギュレーターまとめ

すこし出来すぎな位の音の変化に驚きました。

トランス:RSコンポーネンツ 91242P2S2 16V 3.3A

コンデンサ:ニチケミ CEW 50V 4700μF + APS 0.1μF

ダイオード:SCS106AGC

回路図とパターン図を一つにまとめておきます。

回路図

Ws000041





パターン図

Ws000042

* 画像はクリックで拡大表示されます。

|

« プレイヤー制御アンプ LIB駆動 vs SIC MOS REG AC駆動 | トップページ | ホリーランド CD 試聴 »

ターンテーブル」カテゴリの記事

コメント

えふ さん
こんばんわ
お久しぶりです。
えふさんのブログは毎日拝見させて頂いています。
確かにこう暑くてはオーディオには不向きですね。
私も汗を流しながらやっています。
TT制御アンプについては「チュニジアの夜」を聴いた時は本当に驚きました。
ここまで変化するもの物なのかと。
結果を実際に体験してもにわかには信じられない感じです。
制御アンプ自体は古い物で、たしかNo108だったと思います。
1989年の記事ですから、もう20年以上前の物ですね
制御定位数のみMK3になったりMK2になったりして現在MK1用です。
回転系の電源で音が変わるなどとは他人からしたら眉唾物ですね。
本人も、いくら体験しても信じられない位ですから・・・
暑さに気を付けてお過ごし下さい。

投稿: LA4 | 2013年8月 2日 (金) 21時34分

ご無沙汰しています。

かなり精力的にやっておられますね(^^;
この暑さで、さすがに半田コテを握る気力が出ませんので、最近はもっぱらソフト系(デジタルデータの再生改善のためのlinux導入)に走っています。

Sic MOS-FETをドライバ段にも使うというのは「目から鱗」でした。更に、TT制御アンプの電源にも効果的とのこと、今後の参考にさせていただきます。

投稿: えふ | 2013年8月 2日 (金) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/57913776

この記事へのトラックバック一覧です: プレイヤー制御アンプ用SIC MOSレギュレーターまとめ:

« プレイヤー制御アンプ LIB駆動 vs SIC MOS REG AC駆動 | トップページ | ホリーランド CD 試聴 »