« 再度二重レギュレーターに・・・ | トップページ | ADCの96Kを再度試す(2) »

ADCの96Kを再度試す(1)

直入さんにコメントいただきましたので96Kを再度試してみたいと思います。

ADCの改造自体はパターン2箇所変更

・PCM1804 10番ピン(OSR1)をオープンに

・DIT4192 5番ピン(CLK0)をグランドから+5Vへ

Ws000089

するだけなので直ぐに終わり

「調和の幻想」を早速デジタル化しました。

・ 先日収録していた192Kの波形です。

Ws000088

・ 本日収録した96Kです。

Ws000087

192Kの40KHz以上の盛り上がりは、良く理解できていませんが、ほぼノイズなのだろうと思っています。

編集中のPCスピーカー ONKYO GX-70AXでの再生では全く違いが解りません。

今日は聴けませんが、後日メインシステムで比較試聴してみたいと思います。

全く違いが判別出来ない様なら96Kの方がデータ容量も少なくて済みますから、

無理に192Kでレコードのデジタル化をする必要は無いのかも知れません。・・・

|

« 再度二重レギュレーターに・・・ | トップページ | ADCの96Kを再度試す(2) »

ADC(アナログデジタルコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ADCの96Kを再度試す(1):

« 再度二重レギュレーターに・・・ | トップページ | ADCの96Kを再度試す(2) »