« 電流伝送DCマイク作成準備(3) | トップページ | 電流伝送DCマイク作成(1) »

電流伝送DCマイク作成準備(4)

マイクカプセル WM-61Aを収めるケースに利用できそうな銅製パイプと出力ケーブルに使うソニーのオーディオケーブルを探しに仕事帰りに近所のホームセンターによって来ました。

残念ながら銅製パイプは見つからず使えそうな大きさのパイプはステン製の物だけでした。

003_r

お店では大雑把に測定して内径が6mm有りそうでしたので写真の物を購入してきましたが帰宅してノギスで測定してみると僅かに狭い様です。

リーマーで削って何とか収まる事は確認出来ましたので一安心。

ケーブルはホームセンターに有ったのはビクター製ばかりでソニーのケーブルは見当たりませんでした。

唯一、本日「ベスト電器」から鞍替えオープンした「エディオン」にかろうじてRK-G131 3mが見つかり購入できました。・・・

WM-61Aでネット検索するとShinさんのPA工作室(http://ameblo.jp/shin-aiai/)と言う所を見つけました。

「パナ改」と言う事で数年前より発表なさっているようです。

配線を3線式にしてファンタム仕様として、ソース側より出力するとかなりな好印象との事。

金田式に応用できない物かと興味をそそられています。・・・

|

« 電流伝送DCマイク作成準備(3) | トップページ | 電流伝送DCマイク作成(1) »

WM-61A DCマイク」カテゴリの記事

コメント

えふさん
こんばんわ
コメントありがとうございますm(_ _)m
>WM-61Aの内蔵FETの性能がイマイチ
そうなんですか少し残念ですね。
アンプ作成が落ち着いてしまいましたので二十年ぶりにマイク作りを楽しんでみようとネットで価格のわりに評判の良いWM-61Aを購入してしまいました。
(昔作ったのはCK-1でペアで5万円位したと思います)
とりあえずドレイン出力で作ってみてからShinさんのソース出力も試してみようと考えています。
後何の根拠も無い単なる妄想ですがNo218イコライザーアンプの様にWM-61Aへの電源供給を-電源供給にしてAOCも吐き出しタイプに出来るのではないかと漠然と思い描いている最中です。
そうすれば入力のカレントミラーはいらないような気がしているのですが、いずれ近いうちに試してみる予定です。
失敗してマイクカプセルが壊れても予備が使いきれないほど有りますので(^-^;
えふ さんもお体に気を付けてお過ごしください。

投稿: LA4 | 2013年10月26日 (土) 20時03分

こんばんは。

私も以前、Shinさんの記事を見つけ作る気になって5パックほど購入しましたが、いつものとおりそのままになって未開封のままあります。

それにしても50パックとは思い切られましたね(^^;

それと、例のDCアンプ試聴会での音源を提供された五島昭彦さんからは、WM-61Aの内蔵FETの性能がイマイチで金田式としては採用されなかった旨のお話を聞いたことがあります。

投稿: えふ | 2013年10月26日 (土) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/58452405

この記事へのトラックバック一覧です: 電流伝送DCマイク作成準備(4):

« 電流伝送DCマイク作成準備(3) | トップページ | 電流伝送DCマイク作成(1) »