« CLD-HF9G復活 | トップページ | WM-61A発注 »

今度発売の単行本「電流伝送方式オーディオDCアンプ」

amazonの広告では、今度発売の

「電流伝送方式オーディオDCアンプ プリアンプ&デジタルオーディオ編」

は単なる記事の再編物ではなく未発表の記事もある様に書かれていました。

特に興味を持ったのはADCも載っている様な事が書かれたいた事です。

本当に載っているのなら発売が物凄く楽しみになりました。

ついでに電流伝送DCマイクあたりも載っていると、もっと幸せになれそうです。

と言いますのもやることが無くなって来て、せっかくADCも有り録音機としてMR-2000Sも有る状態なので、使う機会は無いでしょうが二十年ぶりにDCマイクを作りたくなって来ているからです。

ECMマイクユニットを使った電流伝送タイプならコストも安そうですし部品集めでもしようかなと思い出しているやさきですので掲載されていると本当に嬉しいのですが。

次の書籍としてパワーアンプ編も準備されているらしいので、これも又楽しみでは有ります。・・・

|

« CLD-HF9G復活 | トップページ | WM-61A発注 »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

えふ さん
情報、ありがとうございます。
私の使用している物はNo218のイコライザーのみでラインアンプは使用していません、そのままADCやVGAパワーアンプに接続して使用している状態です。
これで問題無く動作していますので、益々単行本に対する興味が薄れて来ました。
現在の悩みはマイクアンプのAOCの回路です。
情報を収集しているとPChでプラスマイナス逆と言う事らしいのですが、電源の事なのか、入力の事なのか判断がつかず悩みながら楽しんでいる最中ですf^_^;)
明後日にはマイクユニットも到着しそうなので本腰を入れて考えてみます。
情報、本当にありがとうございました。・・・

投稿: LA4 | 2013年10月21日 (月) 22時13分

LA4さん、こんばんは。

補足すると、未発表プリというのは、No.218のEQにスケルトン抵抗を追加して電流出力化し、ラインアンプをカレントラインアンプとしたものです。まさに今当方が製作しているものの半導体版といった感じです。
本誌の最初の記事にTT制御アンプが載っていたものだから、私はてっきりついにモータードライブアンプも電流伝送化されたのかと思ったらそうでもないみたいです(^^;既発表のものと全く変わりないようです。(たぶん)

ざっと、そんなところです。

投稿: えふ | 2013年10月21日 (月) 20時55分

DCアンプマニアさん
おはようございますm(_ _)m
>ADCやDCマイクは載ってませんでした
え~っ、そうなんですか。
すっかり広告にだまされて期待していただけに
がっかりです。
昨日から本が来るまでに回路を考えてみようと
PCBEで回路をいじりだした所でした。
吸出しAOCが悩みどころです。
特許情報などを参考に自分で考えるしかなさそうですね。
情報ありがとうございました。m(_ _)m

投稿: LA4 | 2013年10月21日 (月) 06時40分

LA4さん こんばんは
別冊買いましたが、ADCやDCマイクは載ってませんでした、MCプリアンプ一機種のみ未発表のものがあるだけです、予想より拍子抜けした感が強いです、DCマイクや最新ADCもいずれ発表するとのことですが、電流伝送パワーIVCの後になる感が強いです、今回の試聴会にも出席しましたが、私的にはイマイチで途中退場いたしました。

投稿: DCアンプマニア | 2013年10月20日 (日) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/58390508

この記事へのトラックバック一覧です: 今度発売の単行本「電流伝送方式オーディオDCアンプ」:

« CLD-HF9G復活 | トップページ | WM-61A発注 »