« 懲りもせずレギュレーターを試す | トップページ | ADCの96Kを再度試す(1) »

再度二重レギュレーターに・・・

以前PPレギュレーターの+側が正常に動作しなかった原因はTr7の取り付けミスでした。

暫くオーディオは触っていなかったので時間をおいたのが良かったのかレギュレーターを眺めていたらミスが判りました。

インバーテッドダーリントンの配置にしなければいけないのにダーリントンでの取り付けをしていました。

修正して制御TrにCMF10120を取り付けて+.16.8Vの出力を確認しから、もう一度二重レギュレーターを試して見ました。

001_r


003_r


ハム音は以前の様に皆無とはなりませんでしたが単独レギュレーターの時よりは小さくなり

スピーカーに耳を近づけて聴かなければ解らないレベルです。

早速「調和の幻想」でデジタル化を試して見ました。

WEVSPECTRAMで波形を確認すると一箇所ピークは見受けられましたが、以前収録したデータで有った様な波打った様子も有りません。

audacityで編集する時の波形を見ると良い意味で、今までに無く妙にすっきりした波形でこれなら問題ない感じです。

編集して試聴しましたが出てきた音も特に不満を感じることも無く聴く事が出来ました。

暫くはこの状態でレコードのデジタル化を試してみます。・・・

|

« 懲りもせずレギュレーターを試す | トップページ | ADCの96Kを再度試す(1) »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再度二重レギュレーターに・・・:

« 懲りもせずレギュレーターを試す | トップページ | ADCの96Kを再度試す(1) »