« カレントラインアンプ使用DCマイク完成 | トップページ | LH0032使用DCマイク構想 »

カレントラインアンプ使用DCマイク作成まとめ

カレントラインアンプ使用DCマイク作成を纏めておきます。

・ 基板回路

Tr: 2SC2291,2SA995

Di:1S1588

VR:TM-7P 10K,100       C: 0.1uF

Ws000120_r

追記 ISCを追加したパターン図

Cla_mic_isc_r_2
Rimg0155_r

・ マイクユニット

WM-61A

Rimg0084_r
三線式に改造

Rimg0091_r
・ マイクケース

アルミLアングル使用

Rimg0122_r

パイプは9.5mm銅管使用

マイクとのジョイントはアダプター使用

Rimg0071_r

Rimg0160_r_2



Rimg0164_r_2
使用上の注意点

電源ON時にオフセットが電源電圧近く出て、一分程で落ち着くのでADCの電源はその後入れた方が良いと思われる。

*使うTrやマイクユニットのばらつきにより時間は多少前後する模様

*実際私の作った物は片CHは20秒位、もう片CHは1分位で落ち着いています。

追記

kephisさんが動作原理を詳しく解説なさっていらっしゃいます。

http://yaplog.jp/kephis/archive/87#commentform

さらに追記

後日ISCを追加しました。

|

« カレントラインアンプ使用DCマイク完成 | トップページ | LH0032使用DCマイク構想 »

WM-61A DCマイク」カテゴリの記事

コメント

kephisさん
コメントあえいがとうございます。
早速拝見いたしました。
何回も読み直してみましたが、やはり素人ゆえの悲しさか大まかにしか理解できませんでした。(汗
ただ、細かい説明を受けて動作としてはまともなのだと言うことだけは解り安心しました。
今後ともよろしくお願い致します。・・・

投稿: LA4 | 2013年12月 7日 (土) 14時57分

LA4さん、こんばんは。

貴殿のこのページの題材でいろいろ解析して、面白い動作をすることが判ったので、私のブログに書いてしまいました。

投稿: kephis | 2013年12月 7日 (土) 01時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/58665944

この記事へのトラックバック一覧です: カレントラインアンプ使用DCマイク作成まとめ:

« カレントラインアンプ使用DCマイク完成 | トップページ | LH0032使用DCマイク構想 »