« カレントラインアンプ使用DCマイク作成(10)その3 | トップページ | カレントラインアンプ使用DCマイク作成(11)その2 »

カレントラインアンプ使用DCマイク作成(11)

ケースを三脚に固定して見ると、

Rimg0115_r
こんな感じになりました。

基板のグランドをケースに落とす前はケースを手で触るとハム音がしていましたが、

基板グランドをケースに落としましたのでケースを触ってもハム音はしなくなりました。

Trを破損した事も有り組んだTrのペアリングが甘い様で正常に動作するまで5分程かかる様になってしまいました。

(電源ON直後はオフセットが入力は数V、出力は電源電圧近く有り徐々に減って0Vになるのに5分位かかります。その間マイクより音声は出ませんでした。)

使用するTrは記事の通りデュアルTrで組むか精密にペアを組んだ方が良い様に感じます。

ADCに接続してのチェックは後日試してみます。・・・

|

« カレントラインアンプ使用DCマイク作成(10)その3 | トップページ | カレントラインアンプ使用DCマイク作成(11)その2 »

WM-61A DCマイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/58622748

この記事へのトラックバック一覧です: カレントラインアンプ使用DCマイク作成(11):

« カレントラインアンプ使用DCマイク作成(10)その3 | トップページ | カレントラインアンプ使用DCマイク作成(11)その2 »