« カレントラインアンプ使用DCマイク作成(2)その2 | トップページ | カレントラインアンプ使用DCマイク作成(3)その2 »

カレントラインアンプ使用DCマイク作成(3)

ADCにマイクとして接続して試してみました。

005_r
写真の様にアルミに基板と電源コネクタ、ボリュームを固定して3m位のソニーのラインケーブルをADCの入力へ接続という構成でテレビの音声を収録してみました。

結論から言いますと今日の所は失敗の様です。

MR-2000Sで一応、収録は出来ましたがマイクアンプのボリュームをフルにしても、

レベルが低すぎてMR-2000Sのレベルメーターが殆ど動きません。

後、ハム音も入ってしまいました。

ADCはAC駆動で試しましたがLIB駆動だとどうなるのでしょうか。

ハム音は出ない様な気もしますがレベルが低いのは何か対策を考える必要が有ります。

やはり、そう簡単にはいきませんね。・・・

|

« カレントラインアンプ使用DCマイク作成(2)その2 | トップページ | カレントラインアンプ使用DCマイク作成(3)その2 »

WM-61A DCマイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/58513645

この記事へのトラックバック一覧です: カレントラインアンプ使用DCマイク作成(3):

« カレントラインアンプ使用DCマイク作成(2)その2 | トップページ | カレントラインアンプ使用DCマイク作成(3)その2 »