« WM-61A固定用銅管 | トップページ | カレントラインアンプ使用DCマイク作成(7) »

カレントラインアンプ使用DCマイク作成(6)

新しいパターンの基板を作り始めました。

部品は殆ど試作基板より移植します。

悩みましたが今回は両CHを一枚基盤とする事にしました。

Ws000108_r
005_r


Tr5、Tr6には昔ヘッドフォンアンプ基板に使用していた2SA798の片側使用で2個を熱結合していた物を流用してみました。

片CH終わりましたので、次は写真の右側の基板よりの移植作業です。

左の基板は、もう2穴分基板カットして、ぎりぎりまで小さくするつもりです・・・

|

« WM-61A固定用銅管 | トップページ | カレントラインアンプ使用DCマイク作成(7) »

WM-61A DCマイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/58544393

この記事へのトラックバック一覧です: カレントラインアンプ使用DCマイク作成(6):

« WM-61A固定用銅管 | トップページ | カレントラインアンプ使用DCマイク作成(7) »