« カレントラインアンプ使用DCマイク作成(7)その2 | トップページ | 少し迷いが・・・ »

マイクアンプ用ケース(1)

まずは先日紹介したクーラー配管用銅管

Rimg0062_r
こんな感じで断熱材の中に銅管が入っています。

(銅管その物を探しても見つからないはずです)

本題ですがマイクアンプ基板収納用ケースのイメージが固まって来ました。

Rimg0061_r
以前ヘッドフォンアンプ作りに嵌っていた時のケースを流用します。

これにマイクアンプ基板を納めてマイクユニットを銅管に固定してケースへの銅管固定は

写真の位置では無くケースの側面に固定するつもりです。

こうすると演奏の生録音なら演奏者や観客から見てケースの一番細い部分しか見えませんので少しでも負担が減るのかなと考えました。

銅管を曲げる治具をホームセンターで購入して来ました。

鉄筋等を曲げるときに使用する道具です。

Rimg0063_r
パイプなのでガスバーナーで炙って曲げる方法も有るのですがとりあえず、これで曲げてみようと考えています。

後は電源の取り方ですが外部から取るか、ケースの中に電池を内蔵するか迷っています。

Rimg0065_r

何せヘッドフォンアンプに嵌っていた時に購入した写真の充電池が、ポータブルヘッドフォンアンプに興味を失った今となっては十数個が行き場を失って肥やし状態になっていますので再利用するのも一つの手かなと考えだしています。・・・

|

« カレントラインアンプ使用DCマイク作成(7)その2 | トップページ | 少し迷いが・・・ »

WM-61A DCマイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/58557618

この記事へのトラックバック一覧です: マイクアンプ用ケース(1):

« カレントラインアンプ使用DCマイク作成(7)その2 | トップページ | 少し迷いが・・・ »