« ADC内臓GCA使用DCマイク作成(2) | トップページ | ADC内臓GCA使用DCマイク作成(4) »

ADC内臓GCA使用DCマイク作成(3)

今日の所は失敗です。

Rimg0192_r
写真の様にADCの入力にISC基板を仮付けしてマイク入力もジャックに仮半田実施。

オフセットをざっと調整してADCの出力をMR-2000Sに入力してヘッドフォンでモニターと言う形で実験をしてみました。

ADCの電源はAC電源で実施しました。

恐る恐る電源を入れてADCのボリュームを上げてゆくと・・・

「ハム音だ・・・」

それでもボリュームを上げてゆくと、テレビの音声がハム音に埋もれてはいますが小さい音ながら聴こえて来ました。

基本的には動作している様です。

ADCの調整方法もすっかり忘れてしまいましたので、記事を読み返して後日調整から再挑戦してみます。

今日の所は基本的には動作する様だと言う所で満足する事としました。(汗・・・

|

« ADC内臓GCA使用DCマイク作成(2) | トップページ | ADC内臓GCA使用DCマイク作成(4) »

WM-61A DCマイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/58778263

この記事へのトラックバック一覧です: ADC内臓GCA使用DCマイク作成(3):

« ADC内臓GCA使用DCマイク作成(2) | トップページ | ADC内臓GCA使用DCマイク作成(4) »