« LF357H使用DCマイク実験成功!! | トップページ | LH0032使用DCマイク作成その2 »

LF357HDCマイクとカレントラインアンプDCマイクのノイズ

直入さんから気になるメールを戴きLF357H電流伝送DCマイクとカレントラインアンプDCマイクのホワイトノイズを比較してみました。

LF357H電流伝送DCマイクは今だバラック状態でマイクユニットのシールドもしていませんので正確な比較にはならないかも知れません。

何時もの様にGX-70AXのライン入力に接続してER-4Sで試聴という方法です。

LF357H電流伝送DCマイク : ホワイトノイズや外来ノイズ等一切聴き取れませんでした。

カレントラインアンプDCマイク : 比較するとゲインが大きい分注意して聴くと僅かに「サー」というホワイトノイズが聞き取れます。(注意深く聴いてやっとです)

直入さんがLF357Hを試されたのは恐らく少し前で電圧伝送の非反転アンプをマイクアンプになさったのではないかと思われます。

こちらは反転入力のトランスインピーダンスアンプとして使用しましたので、使用マイクの違いやマイクアンプとしての使用方法の違いがノイズの違いとなって現れているのかもしれないと個人的には考えています。・・・

話は変わって、LF357H電流伝送DCマイクは電源ONから10秒位でオフセットが落ち着きます。

電源ON直後は3V位出ていますが感覚的には5秒位でマイクとしてまともに動作するようです。

カレントラインアンプDCマイクの方は相変わらず片CHが5分位かかっています。

完成したらLF357H電流伝送DCマイクの方が使い心地が良さそうな予感です。

後、比較してみて感じたのですがカレントラインアンプDCマイクの方は僅かにエコーかかって聴こえるように比較すると感じました。・・・

|

« LF357H使用DCマイク実験成功!! | トップページ | LH0032使用DCマイク作成その2 »

WM-61A DCマイク」カテゴリの記事

コメント

kephis さん
こんばんわ
二日程留守にしておりレスが送れて申し訳有りません。
>LF357はユニティゲイン(100%帰還)
そうでしたね。
確かゲイン5以上推奨でした。
正式に組んでみようとモガミノ3031を40m程注文しました。
日曜日には到着する予定です。
その時にじっくりと試してみます。
LF356Hはヘッドフォンアンプの音の点で満足出来ませんでしたので再度LH0032CGで試してみます。
ヘッドフォンアンプとしてもi-Powerバッテリー9V 500mAhなら4~5時間持ったと思います。
>トランス・インピーダンス・アンプ、と頭っから思ってしまうのも良くありませんので。
宜しくお願いします(汗
後kephis さんのコメントを拝見して、ひょっとしたらN0218ラインアンプを使用しているNo200風ADCに工夫するれば直結できるのではないかと考え始めました。
こちらもケーブルが届き次第試して見ます。・・・

投稿: LA4 | 2013年12月13日 (金) 18時53分

さきほどの追伸ですが、
一つ心配はLF357はユニティゲイン(100%帰還)では不安定なはずです。なのでトランスインピーダンス・アンプでは不安定になる可能性があります。もっとも、今回の使い方だとマイナス入力端子は外から低インピーダンスに固定されているので、ひょっとすると大丈夫かも知れません。しかし保証が無いです。よって発振を防ぐには、LF356を推奨します。

あと、気になるのは、昨今、ディジタルレコーダーの場合、聞いていてノイズが多い、と思ったら発振だった、と言うことがあり得るので、その点は注意した方が良いと思います。

投稿: kephis | 2013年12月11日 (水) 23時32分

LA4さん、こんばんは。
ノイズの件の状況は判りませんが、非反転アンプとトランス・インピーダンス・アンプとでは、閉ループのアンプにおける入力換算ノイズが出力に出てくるまでの増幅度=「ノイズゲイン」が全然違います。
この前書いた↓
http://homepage1.nifty.com/dcr/dcmic/unck/noisegain/index.html
が参考になればと思います。

そもそも、I/V変換にトランス・インピーダンス・アンプ(金田さんがいうところのIVC)をなぜわざわざ使うか、というと、その方がS/Nと帯域的に断然有利だからです。それを知らずに「電流信号⇒電圧信号変換はトランス・インピーダンス・アンプ」、と頭っから思ってしまうのも良くありませんので。
折りをみて、私のブログに書きます。

投稿: kephis | 2013年12月11日 (水) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/58733320

この記事へのトラックバック一覧です: LF357HDCマイクとカレントラインアンプDCマイクのノイズ:

« LF357H使用DCマイク実験成功!! | トップページ | LH0032使用DCマイク作成その2 »