« LF357HDCマイクとカレントラインアンプDCマイクのノイズ | トップページ | ADC内臓GCA使用DCマイク構想 »

LH0032使用DCマイク作成その2

帰ってきたばかりで疲れてはいるのですが、好奇心には勝てず動作だけ試して見ました。

Ws000131_r
先日作ったISC基盤を取り付けてGX-70AXライン入力+ER-4Sで音だけ確認しました。

やはりゲインと感度が上がっています。

抵抗値など微調整をしないと入力オフセットが調整し切れていませんがISC無し状態の時の雑音や挙動不審は無さそうです。

帰還抵抗を上げていけば、ゲインは上がると思いますので取り急ぎの確認としては満足な結果です。

正式には注文したモガミのマイクケーブルが着てから本格的に調整してみます。・・・

追記

帰還抵抗を16KΩにして試してみましたがLF357Hの帰還抵抗12KΩに比べると感度が少し低い気がします。

電源電圧±8VではLH0032にはやはり酷な様です、本領を発揮させるには±15Vは欲しい所ですね。・・・

|

« LF357HDCマイクとカレントラインアンプDCマイクのノイズ | トップページ | ADC内臓GCA使用DCマイク構想 »

WM-61A DCマイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/58750177

この記事へのトラックバック一覧です: LH0032使用DCマイク作成その2:

« LF357HDCマイクとカレントラインアンプDCマイクのノイズ | トップページ | ADC内臓GCA使用DCマイク構想 »