« 電流伝送録音システム_LINE / DC MIC 共用作成(2) | トップページ | チップTr到着 »

電流伝送録音システム_LINE / DC MIC 共用作成(3)

ボリュームを0まで絞れる様にAOC出力をTr1のゲートではなくNo218ラインアンプの様にTr1のソースとTr2のエミッタの間に接続して試して見ました。

Ws000173

ライン入力は当然の事ながら正常に動作しボリュームを0まで絞っても出力オフセットはAOCの働きで正常に動作しました。

肝心のマイク入力は残念ながらゲインが極端に小さくなり、マイク直近で声を入れて、ようやくマイクが反応しているのが判る程度で使い物になりませんでした。

今日の所は諦めて元のTr1ゲート入力に配線を戻してレコードのデジタル化とマイクの収録の両方を試して見ました。

レコードは何時もながらの「調和の幻想」、マイクはリビングのTV音声です。

「WEVSPECTRAM」「Audacity」での波形表示

・ レコードのデジタル化

Ws000172
Ws000174_r

・ リビングのTVの音
Ws000171
Ws000175_r *図形はクリックで拡大します。

左右のレベルは合っているようです。

レコードのデジタル化では20KHz付近にピークが見受けられます。

リビングのTVの音ではそれより低い18KHz付近でピークが見られます。

GX-70AXでの試聴では、レコードのデジタル化音源は特に異常無く中々良い音で収録されていると思います。

問題はWM-61Aマイク使用の方で、やはりヒスノイズの様な「シャーッ」という音が聴こえます。

MR-2000Sを録音状態にしてADCを接続している状態でADC側のデジタル系の電源をOFFにするとロックが外れてデジタルノイズの「シャーッ」という音が聴こえるのですが、それに近い感じがします。

感覚的には18KHzより低い感じなのですが波形を見ると、レコードのデジタル化波形と比較して、どうもADCが正常動作しているのか疑わしくなってきます。

「シャーッ」という音を除けば3m離れた通常視聴のTV音声も良く捕らえており、ドアの開け閉めの音や、うろうろ動き回る自分の足音、声など、感度やゲイン、音質に問題はないと思います。

しばらくは配線引き回しの見直し等して、もう少しいじってみます。

どうしても駄目な時は共用は諦めてマイクアンプを外付けにしてライン入力とすれば問題無い事は解っていますので少しは気楽にいじれます。・・・

|

« 電流伝送録音システム_LINE / DC MIC 共用作成(2) | トップページ | チップTr到着 »

ADC(アナログデジタルコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

kephisさん
こんばんわ
LINE入力で正常動作したのでMICでも大丈夫だろうと試した結果がこれでした。
ISC利用だと共用は無理っぽいのでBGAで試してみたのですが・・
本音を言えば、やはりISCに切り替えSWを付けてソース出力でマイクは使いたいところです。
マイクのコネクタ側でゲートをグランドからマイナス電源にするだけなので一度試してみます。
ご助言ありがとうございます。
所でkephisさんのブログで紹介のチップTrを,
デュアルタイプが両方供在庫有りだったのでDegKeyに注文しました。
明日当たり到着しそうす。・・・

投稿: LA4 | 2014年1月30日 (木) 19時50分

あ、オレもバカだな、最初見たとき気がつかなかった。LA4式では無いですね?

あの、マイクカプセルと直後のJFETの関係ですが、おかしいですよ、この回路のままでは。

マイクカプセルのマイナスの電位がJFETのゲートのDC電位になりますので、ゲートは0Vだとおもいます。ソースは-7.2Vでは、JFETがきちんと動作していませんよ。
基本、JFETのソースとゲートがほぼ同電位で動かすようにしないと。0.1Vくらいずれていても若干動作点が変わるだけで動くと思いますが、7.2Vじゃ開きすぎです。
マイクの振動板のマイナス側を、シールドに付けないで-7.2Vに付けてはいかが?

投稿: kephis | 2014年1月30日 (木) 17時59分

Kephisさん
おはようございます。
>オペアンプで作ったときにも出ていましたか
いいえ、出ていませんでした。
今回が初めての現象です。
SDCを変更して初めてのマイク収録ですのでSDCに問題でも有るのでしょうか?
配線引き回しの見直しやカレントラインアンプ使用ではどうなるか一度試そうと考えています。・・・

投稿: LA4 | 2014年1月30日 (木) 09時01分

おはようございます。
そのしゃーっと言うノイズは、LA4式の回路で、オペアンプで作ったときにも出ていましたか?

投稿: kephis | 2014年1月30日 (木) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電流伝送録音システム_LINE / DC MIC 共用作成(3):

« 電流伝送録音システム_LINE / DC MIC 共用作成(2) | トップページ | チップTr到着 »