« 電流伝送録音システム_SDC作成(4) | トップページ | 電流伝送録音システム_SDC作成完成 »

No218ラインアンプDCマイク改修終了

結果的には正常動作しませんでしたがソース出力を試して見ました。

BGAを吐き出しとするため2SA798の片側を使用してBGAとしました。

WM-61Aを取り付けない状態ではオフセットも0mVに調整出来ましたが、配線して電源ONするとオフセットがマイナス7.6Vでて数分待っても変化有りません。

それではとソース、ドレインの配線を入れ替えて試すと、今度はプラス7.6Vが出て張り付いたままでした。

ここに至り諦めて元の状態 BGA2SC1399に戻し

ドレイン出力にてGX-70AXライン入力+ER-4Sで視聴して自分の声を確認すると

先日よりさらに自分の声に違和感が無いように感じました。

先日は少し高域よりに感じましたが、今日はそんな感じも無く納得できる声でした。

このWM-61A+BGA+No218ラインアンプ使用マイクアンプ(ドレイン出力)でDCマイクとしては十分に満足出来る様な気がします。・・・

|

« 電流伝送録音システム_SDC作成(4) | トップページ | 電流伝送録音システム_SDC作成完成 »

WM-61A DCマイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/59008861

この記事へのトラックバック一覧です: No218ラインアンプDCマイク改修終了:

« 電流伝送録音システム_SDC作成(4) | トップページ | 電流伝送録音システム_SDC作成完成 »