« 電流伝送録音システム_SDC作成(2) | トップページ | イコライザアンプ改修構想 »

電流伝送録音システム_SDC作成(3)

裏配線が終わり単体調整に入りました。

Rimg0265_r
*写真のテスタの表示電圧は調整途中の電圧です。

入力をグランドへショートして調整開始。

最初VR2のTM-7P 50Ωの手持ちが無かったので1KΩの抵抗(幾らなんでも大きすぎです(汗)を付けたのですが調整がシビアでうまく調整できませんでした。

そこでジャンク基板より多回転タイプ(メーカー不詳)の100Ωに交換して調整を試しました。

正式な調整が終われば、ここは固定抵抗に交換しても良いかなと考えています。

基板単体ではオフセットはドリフト無く0Vに調整できましたが

(記事ではTr1,Tr2のドレイン間と有りますが同じ事なのでTr4、Tr5コレクタ間で測定)

2.5V調整は思いのほか変動します。

(同じくTr4コレクターグランド間、Tr5コレクターグランド間で測定)

単行本の記事にも書かれてありますが、ここでは基本的な動作が確認できて、大まかな調整で良いとの事なので微調整はADCに接続してからの様です。

記事とは部品が違うので、どうかなと思っていましたが基本的な動作は確認できましたので何とかなりそうな気がします。・・・

|

« 電流伝送録音システム_SDC作成(2) | トップページ | イコライザアンプ改修構想 »

ADC(アナログデジタルコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電流伝送録音システム_SDC作成(3):

« 電流伝送録音システム_SDC作成(2) | トップページ | イコライザアンプ改修構想 »