« ADC 水晶発信器交換 | トップページ | チップTr使用カレントラインDCマイク作成(5) »

ADC 水晶発信器比較

メインシステムで水晶発信器の違いによる比較試聴をして見ました。

聴いたのは「調和の幻想」です。

(このレコード以外デジタル化を試していませんので、選択の余地は有りません(汗)

構成は

M-5100SH → 電流伝送DAC → SiC MOS Power → オンケンSP

です。

正直、全く違いが判りません。

判りませんが、誤差の範囲で残念な事(汗・・・ に \ 331 のASTX-H11-24.576MHZ-Tで収録した音の方が、すっきりした感じを受け好みでした。

やはりHCMOSとCOMSとの違いが微妙に影響しているのでしょうか。

本当に誤差の範囲では有りますけれど。・・・

今後の為に規格表を残して置きます。

それにしても 「24.576MHz TCXO HCMOS」で検索してみると、在庫有りの物は少ないですね。

Digi-Keyだと在庫有りは「ASTX-H11-24.576MHZ-T」だけで、選択の余地が有りません。

・ ASTX-H11-24.576MHZ-T @330

Ws000219 Ws000220

・ KT7050A24576KAW33TAD @5,061

Ws000217_2 Ws000213_2

・ 単行本 KCJO7

Ws000221 Ws000222

* 画像はクリックで拡大表示します。

|

« ADC 水晶発信器交換 | トップページ | チップTr使用カレントラインDCマイク作成(5) »

ADC(アナログデジタルコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ADC 水晶発信器比較:

« ADC 水晶発信器交換 | トップページ | チップTr使用カレントラインDCマイク作成(5) »