« カレントラインアンプDCマイク改修構想 | トップページ | チップFET発注 »

カレントラインアンプDCマイク作成準備

AT-1が届くまでの準備としてHN3A51F,HN3C51Fを変換基板に取り付けました。

Rimg0323_r

* 余りきれいな半田付けでは有りませんが7本拠り線で配線しますので、その時に同時に修正する予定です。

HN3C51FはBLランクとGRランクの物を購入していましたので、

とりあえずDCマイクアンプ一組分として、それぞれ10個づつ取り付けて準備しました。

これくらいの数で選別すればL、Rで揃えられそうな気がします。

吹けば飛ぶような、小さい石を半田付けするのは集中力と根気が要りますね。

半田篭手は15Wの先端が細い物を使い、半田は極細の高密度集積基板用で太さ0.3mmの物を使用しました。・・・

|

« カレントラインアンプDCマイク改修構想 | トップページ | チップFET発注 »

WM-61A DCマイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/59065114

この記事へのトラックバック一覧です: カレントラインアンプDCマイク作成準備:

« カレントラインアンプDCマイク改修構想 | トップページ | チップFET発注 »