« カレントラインアンプDCマイク作成準備 | トップページ | ついでにクロックも・・・ »

チップFET発注

ネットでデーターシートを見ながら探すと2SK117と電気的特性が一緒の石が見つかりましたので、早速Digi-Keyで探して在庫も有った為、速攻で発注してしまいました。(汗

Rimg0324_r

2SK117と同じ東芝製で、シングルタイプだと2SK209という石が同じ規格でPdが半分なだけでした。

これと同じ規格でデュアルタイプも有り2SK2145という石です。

ソースの足が共通になっており5ピンタイプでした。

一瞬どうしようかと考えましたがDCアンプシリーズのGOAの頃の記事を読み返すと、

オフセットをドレイン側で調整していますので、使えないことは無いだろうと考えて発注しました。

後、kephisさんから

「2SK30のチップタイプだったら、これかな」

とコメント頂いていた2SK208も一緒に発注しました。

こちらはNF(雑音指数)が上の石より低いようです。(標準で0.5dB)

*2SK209はNF(1)が5dB,NF(2)が1dBとなっています。

規格表では一緒でも、音は聴いてみないと何とも言えませんが、試してみる価値は有ると思っています。

到着が楽しみです。・・・

|

« カレントラインアンプDCマイク作成準備 | トップページ | ついでにクロックも・・・ »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

kephis さん
こんにちわ
いっその事2SK209の変換基板に取り付けた物を、
背中合わせにして瞬間接着剤でくっつければ、
K117をくっつけた物よりは熱結合が密になる様な気がします。
スペース的にはせっかくチップFETを使う意味がなくなりますが(汗・・・

投稿: LA4 | 2014年2月 5日 (水) 15時47分

あ、追伸です。
チップならば、たとえば金田さんは最近使わなくなった2N5465の低耐圧版2N5462(5460~5642)のチップタイプ、MMBF5462ってのが各社から出ています、ってこれも生産中止っぽいですが。

投稿: kephis | 2014年2月 5日 (水) 08時54分

おはようございます。
k2145は、ソースが共通で差動でソース抵抗を入れられないので、ちょっと使いにくいのですよね。ソースが分離していれば、AOCのデュアルに使えそうですが。
東芝、ソニーじゃなくて良いのなら、JFETはいろいろとありますよ(悪魔のささやき)

LinearSystems (ネット販売Micross)
Crestalonics (ネット直販だったかと思います)
Calogic (ネット販売Future Electronics)
辺りを探してみると、使えそうなのがあるかもです。
あと、NXPのPMBJF620とか?OnSemiconductorでも若干あった気がします(旧Sanyoのチップ)

投稿: kephis | 2014年2月 5日 (水) 08時48分

kephis さん
お早うございます。
在庫有りになっていましたよ。
たぶんやらないとは思いますが、これでチップ抵抗やチップコンデンサを購入すれば小さいマイクアンプ基盤が出来そうな感じです。
2SK97のチップタイプが有ればDL-103に取り付ける事も考えられるのですが、K209ではノイズの点で2SK97に及びません。・・・

投稿: LA4 | 2014年2月 5日 (水) 08時23分

あ、K2145、デジキーである!BLランク。
昔無くて、どこか零細企業(笑)さんがNETで売っているのを見つけて注文したことあります。

投稿: kephis | 2014年2月 5日 (水) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/59071003

この記事へのトラックバック一覧です: チップFET発注:

« カレントラインアンプDCマイク作成準備 | トップページ | ついでにクロックも・・・ »