« イヤな予感的中・・・ | トップページ | 下駄基板に2個のチップFET »

チップFET測定用冶具

PMBFJ620が、このままでは使えそうも有りませんので、

2SK209をペア組する為の簡易の冶具を作ってみました。

Rimg0394_r
* 写真をクリックすると正常に測定出来ている事が確認できると思います。

もっとも冶具と言うほど大層な物では有りません。

Rimg0392_r

まず、下駄基板にピンの足を付けてatlas DCA Proのプローブのフックを引っ掛けられるようにしました。

次に、チップFETの位置決めが簡単に出来るように、ストッパー用にAT-1の破片を接着しただけです。

ピンセットでチップFETの頭を軽く押さえてやると、正常に測定出来ました。

これまでは下駄基板に半田付けしないと測定が難しかったので、

一枚の下駄基板へのペア取り付けを諦めていましたが、

これで、どうにか一枚の下駄基板にチップFET2個を取り付けする事が出来そうです。・・・

|

« イヤな予感的中・・・ | トップページ | 下駄基板に2個のチップFET »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/59146747

この記事へのトラックバック一覧です: チップFET測定用冶具:

« イヤな予感的中・・・ | トップページ | 下駄基板に2個のチップFET »