« ホルスト/組曲「惑星」デジタル化 | トップページ | マルツパーツより変換基板到着 »

「FOR DUKE」デジタル化

引き続き Direct to Discの 「FOR DUKE」 もデジタル化してみました。

Rimg0420_r

1 TAKE THE "A"TRAIN

2 MOOD INDIGO

3 THINGS AIN'T WHAT THEY USED TO BE

4 PERDIDO

cornet : Bill Berry

bass : Ray Brown

drums : Frankie Capp

tenor sax : Scott Hamilton

pian : Marshal Royal

trombone : Britt Woodman

さらに鮮烈で、生々しい音です。

今まで色々システムが変化する度に数回デジタル化していますが、今回が一番鮮烈で生々しい響きの様な気がします。

単に、ADCの使わなくなったPLL1707を以前の出力を未接続にしただけの状態から、完全に撤去して、

OSCをKT7050からASTX-H11-24.576MHZに戻しただけですが、

結構違うなという印象です。

PLL1707の出力をはずしただけで、チップへ電源供給はしていましたので何らかの悪影響が有ったのかも知れません。

OSCもKT7050の単価5000円がASTX-H11 単価300円に負けるのは、なんだか悔しいですが、

第一印象通りASTX-H11-24.576MHZの方が音が良さそうです。・・・

|

« ホルスト/組曲「惑星」デジタル化 | トップページ | マルツパーツより変換基板到着 »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「FOR DUKE」デジタル化:

« ホルスト/組曲「惑星」デジタル化 | トップページ | マルツパーツより変換基板到着 »