« チップTr使用カレントラインDCマイク作成(5) | トップページ | チップFET測定用冶具 »

イヤな予感的中・・・

届いたデュアルFET PMBFJ620のデーターシートを眺めていて、そのサイズにイヤな予感がしていたのですが的中しました。

PCBEで石の大きさを作っている時に、今までのFETより一回り小さく、PCBE上の下駄基板にあわせてみると、辛うじて配線パターンに載る程度でした。

今までの石が米粒ならゴマ粒の大きさです。

マイクアンプも一区切りつきましたので、Idssを測定してみようと、作った下駄基板に乗せてみると、駄目です。

Rimg0390_r

ほんの僅かにずれてもランドパターンより外れてしまいますし、別なパターンと接触しそうです。

これでは一寸、この変換基板は使えません。

かと言って、この石の為だけに下駄基板を作る気力も湧きません。

と言う事で、余程切羽詰らないかぎりPMBFJ620はジャンク箱行きとなりました。・・・

|

« チップTr使用カレントラインDCマイク作成(5) | トップページ | チップFET測定用冶具 »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

kephis さん
こんばんわ
本当にあと少しの差でした。
Digi-Keyでも合いそうな6ピンの変換基板が有る様ですが(Model33006)一個216円もします。
ピッチもIC基板用の2.54mmです.
写真を見ても使われているピンや パターンが気になります。
ジャンク箱行きとは書きましたが、好奇心には勝てそうも無く、変換基板の自作をする気になって来ています。・・・

投稿: LA4 | 2014年2月17日 (月) 18時43分

こんばんは。そうそう、PMBFJ620って、さらにちっこいんですよ。
変換基板は、秋月かaitendoでないですかね。0.65mmピッチです。8ピンならありそうですので、ちょっと大きくなっちゃいますが、2ピン余らせて使う方法があると思います。
この石、欧米で昔からあるJ310というJFETの二個入りです。PMBというのはたぶんチップの形状から来ていると思う。620=310×2(個入り)ということだとおもう、、、(笑)。だとすれば安易な型番決めですね。

投稿: kephis | 2014年2月17日 (月) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/59144833

この記事へのトラックバック一覧です: イヤな予感的中・・・:

« チップTr使用カレントラインDCマイク作成(5) | トップページ | チップFET測定用冶具 »