« 水晶発信器を交換してレコードのデジタル化を試す | トップページ | オーバースペックな水晶発信器 »

水晶発信器の取り付け方法

水晶発信器(ASTX-H1124.576MHZ-T)の取り付け方法として、

変換基板のいらない、もっと簡単な方法(場所)が有りました。

Rimg0353_r

写真は変換基板SSP-61に取り付けてある予備のPCM1804.

Rimg0360_r

そのSSP-61の裏側に、

「お好きな、お席にお座り下さい」

と言わんばかりにランドが一杯有ります。

写真の様に水晶発信器(ASTX-H1124.576MHZ-T)をランドの上に載せて見ました。

ここに水晶発信器を半田付けして、表へジャンパー配線するのが、最も簡単な方法の様な気がします。・・・

|

« 水晶発信器を交換してレコードのデジタル化を試す | トップページ | オーバースペックな水晶発信器 »

ADC(アナログデジタルコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水晶発信器の取り付け方法:

« 水晶発信器を交換してレコードのデジタル化を試す | トップページ | オーバースペックな水晶発信器 »