« オーバースペックな水晶発信器 | トップページ | チップTr使用カレントラインDCマイク作成(2) »

チップTr使用カレントラインDCマイク作成(1)

ADCの発信器の交換後、レコードのデジタル化で動作確認できて一段落しましたので、

ようやくチップTr使用カレントラインDCマイクの試作に取り掛かり始めました。

Ws000202   

回路は上図のパターンです。

Rimg0364_r

今回はAT-1一枚に2CH分組んでみます。

変換基板とAT-1の間は7本拠り線使用です。

抵抗やコンデンサは前のカレントラインDCアンプ基板より移植します。

さて、どうなる事やら・・・

|

« オーバースペックな水晶発信器 | トップページ | チップTr使用カレントラインDCマイク作成(2) »

WM-61A DCマイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/59114596

この記事へのトラックバック一覧です: チップTr使用カレントラインDCマイク作成(1):

« オーバースペックな水晶発信器 | トップページ | チップTr使用カレントラインDCマイク作成(2) »