« RD-S600 DVDドライブ修理 | トップページ | 刀根真理子「マリオネットの夜」 »

CLD-HF9Gトレイ駆動ベルト交換

LDもバンコードへ交換しました。

Rimg0461_r

* 写真の黒いベルトを直系2mm バンコード丸ベルトに交換

RD-S600のDVD駆動ベルトは1.5mmの太さのバンコードで正常動作しましたが、

CLD-HF9Gの方はトレイにディスクを乗せると旨くゆかず、かえってピックアップ部が上昇しきれなくなりました。

そこで、2mmの太さのバンコードでベルトを作り直して取り付けたら、正常動作する様になりました。

この時ばかりは数種類の太さのバンコードを購入していて、本当に良かったと思いました。

LD用は1.5mmの太さのバンコードでは細すぎて、トルクを伝えきれない様です。

2mmにしたら、トレイの動作スピードが少しの違いですが、最初は速く終盤はゆっくりとした動作をする様になりました。

これはLDを入れる時も、取り出す時も同じ様な動作をしますので、もしかしたら新品の時はこの様な動作だったのかもしれません。

何せ、購入したのは十年以上も前の事ですから記憶に有りません。

これで、後はバンコードの耐久性がどの位有るのかだけの問題となりましたが、

2年位持ってくれれば十分では無いかと考えています。

駄目になったら又作れば良いだけの事ですから・・・

(その前にレーザーピックアップが何時まで持つ事やら(汗)

|

« RD-S600 DVDドライブ修理 | トップページ | 刀根真理子「マリオネットの夜」 »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/59355163

この記事へのトラックバック一覧です: CLD-HF9Gトレイ駆動ベルト交換:

« RD-S600 DVDドライブ修理 | トップページ | 刀根真理子「マリオネットの夜」 »