« DAISEN D006変換基板使用SDC作成(1) | トップページ | DAISEN D006変換基板使用SDC作成(2) »

CLD-HF9G再調整

前回の修復時は、急ぎと言う事も有り、手持ちのスプレー式グリスで応急処置して復活したのですが、今回はホームセンターで良さそうなグリスを購入して来ました。

ケースを開けてシャフト関係、ピックアッップ駆動部の各ギア、ガイド等を麺棒で清掃してグリスアップしてやりました。

Rimg0433_r

前回の補修時は、最後に「ガックン」という感じがしながら、

ディスクをマウントしていたのですが、

今回は、その様な事も無く、実にスムーズにピックアップも上昇してディスクをマウントする様になりました。

未だ、100%では有りませんが、二十数回、ディスクの出し入れをしてみて、正常にマウント出来なかったのは1~2回で、それも再度ディスクをセットし直せば、正常にマウントして読み込んでくれました。

ケースを元通りに固定しましたが、ディスクを正常にマウントして読み込みも問題有りませんでした。

レーザーが寿命なら使えませんが、今の所大丈夫な様ですので、

当分は、これで使えると思います。

やはり、グリスアップは大事ですね。

同じ様に、ディスクマウントが旨く行かない方は、駆動関係のグリスを見直せば動作するようになるかも知れません。・・・

|

« DAISEN D006変換基板使用SDC作成(1) | トップページ | DAISEN D006変換基板使用SDC作成(2) »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/59243006

この記事へのトラックバック一覧です: CLD-HF9G再調整:

« DAISEN D006変換基板使用SDC作成(1) | トップページ | DAISEN D006変換基板使用SDC作成(2) »