« DAISEN D006変換基板使用DCマイク作成(1) | トップページ | チップTr使用マイクアンプ&SDCその2 »

DAISEN D006変換基板使用DCマイク作成(2)

部品取り付け、裏配線も終わり調整です。

Rimg0442_r

Rimg0440_r

出力オフセット調整で半固定50Ω+ススム 20Ω(手持ちに25Ωが無かった為)では、あと少しの所で調整し切れませんでしたので、

半固定を100Ωにして固定抵抗は、はずしました。

ONKYO GX-70AX+ER-4Sで試聴しましたが、ゲイン、感度供に問題有りませんでした。

今まで作ったチップTr使用の基板を比べてみると、一番小さく出来た様です。

Rimg0444_r

左から

・ ラインアンプ+AOC DCマイク(単行本のTrをチップタイプに置き換えただけ)

・ カレントラインDCマイクAT-1使用(自作変換基板使用)

・ カレントラインDCマイクICピッチ基板使用(DAISEN D006変換基板使用)

となります。

DAISEN D006変換基板使用のカレントラインDCマイク基板の大きさは、

おおよそ幅30mm、縦方向 50mmです。

チップ抵抗やコンデンサを使わない限り、これ以上小さくするのは無理かも知れません。

又、この大きさならADCの空いたスペースに組み込める様な気がします。・・・

|

« DAISEN D006変換基板使用DCマイク作成(1) | トップページ | チップTr使用マイクアンプ&SDCその2 »

WM-61A DCマイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/59226004

この記事へのトラックバック一覧です: DAISEN D006変換基板使用DCマイク作成(2):

« DAISEN D006変換基板使用DCマイク作成(1) | トップページ | チップTr使用マイクアンプ&SDCその2 »