« レフト・アローン‘86 マル・ウォルドロン~ジャッキー・マクリーン | トップページ | DAISEN D006変換基板使用SDC作成(2) »

ようやくキャプチャ環境が整いました・・・

ここ数日時間が有れば掛かりっきりでしたが、ようやくLD画像をPCでキャプチャできる様になりました。

お金を掛けて、新たにキャプチャボード等を購入すれば早かったのでしょうが、

お金を掛けずに手持ちのジャンクに寝ている古い基板を使用した為時間が掛かってしまいました。

まず、Blackmagicdesingn Intensityでは、最新のドライバ、アプリを落として使おうとしましたがキャプチャアプリが正常動作せず、設定が変更できない為駄目でした。

次に、エスケイネット モンスターX を試しましたが、こちらも画面が黒のままで、入力データ無しの表示で画像取り込み出来きませんでした。

再度 Intensityで挑戦する事にして、ドライバとキャプチャアプリのバージョンを下げて行き

Intensity 3.9.4 for Windowsでようやくアプリは正常に動作しますが、やはり画面は真っ黒で

入力データ無しで画面表示しません。

フリーの「くすの木TVHD」は動作はして画像試聴は出来る物の、キャプチャを実行すると出来たAVIファイルは音声のみのAVIファイルでTMPGEnc Authoring Works 5で開く事もできず「画像ファイルが無いと開けません」とメッセージが出ますので画像ファイルは無いようです。

最後の手段で、購入したまま未開封でジャンク箱に放置していた「GAME SWITCH」を使ってみました。

Rimg0456_r

するとIntensity 3.9.4 for Windowsで見事にキャプチャが出来る様になりました。

Ws000261_r

接続は

CLD-HF9G(映像:S端子、音声:ライン出力)→RD-S600(HDMI出力)

→ GAME SWITCH(出力にDVI→HDM変換コネクタI使用)→ Intensity(HDMI入力専用キャプチャボード)

と言う接続です。

RD-S600はアナログデジタル変換機としてのみ機能させており、

電源を入れているだけで、S端子入力、ライン入力音声をHDMにI出力させる役目を担っているだけです。

試しに一枚試しましたが、TMPGEnc Authoring Works 5で読み込み編集も出来、DVDに焼いて試聴まで出来ました。

これで、RD-S600からPCへのファイル転送に時間を取られずに済みますので、時間短縮出来そうです。・・・

|

« レフト・アローン‘86 マル・ウォルドロン~ジャッキー・マクリーン | トップページ | DAISEN D006変換基板使用SDC作成(2) »

LDのDVD化」カテゴリの記事

コメント

A-Yokohama さん
こんばんわ
コメントありがとうございます。
>再生するプレーヤーのグレードにより・・・
私は有ると思っています。
出来ればLD専用機のLD-X1辺りが欲しい所で、ジャンク品で安く入手する手もあるのですが、レーザー部が駄目な場合自分で復旧は難しそうなので躊躇してしまいますね。・・・

投稿: LA4 | 2014年3月16日 (日) 19時53分

いつもブログを読ませていただき勉強しております。今までレーザーディスクのことを全く知らず、LDもデジタルだとばかり思っていたほどで、今回Wikipediaを読んで初めてアナログと知りました(音声は途中から44.1kHz/16bitPCMデジタルになったとか)。画質はアナログだけあって、再生するプレーヤーのグレードにより大きく左右されるのでしょうか。VHSとDVDの間であまり普及しなかった不運な規格だったようですが、LDとはなかなか奥の深いメディアだったようですね。では今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: A-Yokohama | 2014年3月16日 (日) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ようやくキャプチャ環境が整いました・・・:

« レフト・アローン‘86 マル・ウォルドロン~ジャッキー・マクリーン | トップページ | DAISEN D006変換基板使用SDC作成(2) »