« 運命 / 楽聖ベートーヴェン | トップページ | 久しぶりにメインシステムでレコード鑑賞 »

G線上のアリア/バロックの三大巨匠

「GREAT COMPOSERS` GREATEST MUSIC」の2枚目

G線上のアリア/バロックの三大巨匠のデジタル化です。

1. トッカータとフーガ・二短調(J・Sバッハ)

2. G線上のアリア(J・Sバッハ)

3. 四季~冬(ヴィヴァルディ)

4. 組曲:水上の音楽(ヘンデル)

5.メサイヤ~ハレルヤ・コーラス(ヘンデル)

・ ヴァージル・フォックス:パイプオルガン

・ シドニー・サックス:ヴァイオリン

・ ダグラス・ギャムリー指揮

ナショナル・フィルハーモニー管弦楽団

・ アルトゥーロ・バジレー指揮

ローマ聖チェチリーア音楽院管弦楽団

・ ジョン・プリッチャード指揮

ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団・合唱団

やはり、私はこの手のバロック音楽が好きな様です。

心が安らぎます。

「四季」はイ・ムジチの演奏に比べると、かなりテンポがゆっくりしていますが、

こうゆう演奏も良いかなと思います。・・・

|

« 運命 / 楽聖ベートーヴェン | トップページ | 久しぶりにメインシステムでレコード鑑賞 »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: G線上のアリア/バロックの三大巨匠:

« 運命 / 楽聖ベートーヴェン | トップページ | 久しぶりにメインシステムでレコード鑑賞 »