« ジャンクのLD-X1入手 | トップページ | LD-X1補修(2) »

LD-X1補修(1)

今日は早朝出勤の為、睡眠不足で少し頭がボーッとしていますが、入手したLD-X1の修理に取り掛かりだしました。

昨日、電源は入るもののトレイが出てこない事は確認しています。

まずは、天板とサイドのウッドパネルを取り外して、フロントカバーをはずしました。

Rimg0488_r

さすがに年代物なのでフロントのフレーム塗装は結構はがれています。

この状態で電源を入れて、トレイオープンボタンを押してみると、引っかかって出てきません。

そこで手で力を貸してやると、出てきました。

その後、何回かトレイの出し入れをすると、正常に動作します。

試しにディスクを乗せてプレイボタンを押してみると、あっけなく、映像、音声が出ました。

Rimg0487_r

基本的な動作はするようです。

現状ではLD-X1だからと言ってCLD-HF9Gの画像より画質が良いとは思えません。

動作確認は出来ましたので、各駆動部のグリスアップ、トレイ駆動ベルトの交換、ピックアップレンズの清掃等をやる為に、もう少し時間を掛けたいと思います。

CLD-HF9Gに比べると基板の数も多く、各基板がアルミ板でシールドされている為、ピックアップにどうやったらたどり着くのか、手順を悩みながらビスをはずして行かなければならない様です。・・・

|

« ジャンクのLD-X1入手 | トップページ | LD-X1補修(2) »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

えふさん
こんにちわ
>WM-D6の部品取り用の・・・
やはり、こちらで作られるのですね。
私はWM-D6で作ろうとして本体だけは買ったものの
挫折してジャンク箱の肥やしとなってしまっています。
作成の記事楽しみに拝見させていただきます。・・・

投稿: LA4 | 2014年4月 2日 (水) 12時52分

LA4さん

金田先生が記事中でパーマロイヘッドと称したやつですね。実際は、S&Fヘッドというものだったようですが。

>ジャンク箱に残っていますので必要でしたら連絡下さい。
ありがとうございます。取りあえず、WM-D6の部品取り用の不動品は入手しています(でも、かなり値段でした)。近い内にブログ記事にしたいと思っています。

投稿: えふ | 2014年4月 2日 (水) 07時48分

えふさん
お久しぶりです。
とは言ってもブログは頻繁にチェックさせて頂いています。
知り合いに頼まれたのがきっかけで、映像関係の趣味に二十年ぶりに火が着いてしまいました。(汗
私自身もLDは捨てられずに500枚程残っています。
>興味はHi-Bandのビデオデッキ・・・
確かにラジオ技術だったでしょうか、ハイバンドベータの改造記事が有りましたね。
私もHF-300でいじりました。
三管式プロジェクターも未だに転がっています。
私も金田式カセットデッキも作ろうとして挫折したままウオークマンProの残骸がジャンク箱に転がっていますしナカミチのドラゴンは箱に入ったまま10年以上開けていません。
金田さん指定のウオークマンProのヘッドは補修部品でわざわざ取り寄せたまま、ジャンク箱に残っていますので必要でしたら連絡下さい。・・・


投稿: LA4 | 2014年4月 1日 (火) 21時00分

こんばんは。

LD-X1ですか、当時のフラッグシップ機ですね。当方もLD機(型番失念)持っていましたので、憧れの機種でした。結局、映画LDを数枚購入した程度で、興味はHi-Bandのビデオデッキ(当時は雑誌に改造記事が載っていました)に移っていったような記憶があります。

私の方は最近、何故かカセットデッキに嵌っていて、ヤフオクでジャンク機を落札したり、モーター制御基板を作ったりしています。

投稿: えふ | 2014年4月 1日 (火) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/59393075

この記事へのトラックバック一覧です: LD-X1補修(1):

« ジャンクのLD-X1入手 | トップページ | LD-X1補修(2) »