« LD-X1補修(2) | トップページ | シャカタク「トワイライト・センセーション」DVD化 »

LD-X1 vs CLD-H9G LDのDVD化画像比較

画質の良い「ブーニン東京コンサート」のDVD化ファイルで比較してみました。

再度LD-X1を使用してDVDイメージファイル化した物とCLD-H9G でDVDイメージファイル化した物の比較になります。

構成は

LD-X1→RD-S600→Intencty

・ PCにて「Blackmagic Express」でキャプチャして「TMPGEnc 4.0 XPress」でノイズ低減フィルーターを掛けてエンコード。

・ 「TMPGEnc Authoring Works 5」で余計な部分のカット編集と音声を24bit/96Kに変換してDVDファイル作成

このままではDVD規格を外れるので「Clone DVD」で規格に合う様に圧縮、DVDイメージファイル化

と実行して出来たDVDイメージファイルを「CloneDrive」でDVDマウントして、ようやく視聴です。

CLD-H9G 使用の画質も悪く有りませんが、LD-X1使用の画質と比較すると違いが良く解ります。

ブロックのイズが少なく、ブーニンの髪の毛を見てみると毛髪の陰影が細かい所まで再現されています。

一番違いが解る点です。

黒のコントラストも良く再現されており、文句無しの画像です。

Ws000262

Ws000264

* 画像はクリックで拡大します

* CloneDVD2で圧縮を掛けますので若干ブロックのイズが目立つようにはなります。

*  LDに入っている48K/16bitで収録すれば、圧縮しなくても済むと思います。

最近のデジタルTVのBSで昔の3:4の画面のドラマ等が放映されていますが、そのデジタルTVの画像となんら遜色有りません。

この画像を見て元がLDだと判る人は、まずいらっしゃらないでしょう。

そう思える、程綺麗でクリアな画像になりました。

不思議なもので、LDその物の出力をLC-32DS1の画面で見るとVHS並みの画質なんですが、キャプチャして編集すると上記の様な感想になってしまいます。

オーディオ的に言えば、ソースより良くなる事は、まずありえない事なんですが現実に映像を見てしまうと不思議な感じです。

LD-X1ジャンク品の相場を見てみると、私は相場の倍近い価格で購入してしまったようですが、今回の視聴結果を考えると入手できて本当に良かったです。

HLD-X0を使えば、もっと良くなるのでしょうか・・・

興味は有りますが良いとしても、相場を観ると10万円以上していますからLDのDVD化目的では、おいそれと手が出ません(汗・・・

|

« LD-X1補修(2) | トップページ | シャカタク「トワイライト・センセーション」DVD化 »

LDのDVD化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LD-X1 vs CLD-H9G LDのDVD化画像比較:

« LD-X1補修(2) | トップページ | シャカタク「トワイライト・センセーション」DVD化 »