« G線上のアリア/バロックの三大巨匠 | トップページ | ブーニン「ミラノスカラ座」「八ヶ岳高原音楽堂」 »

久しぶりにメインシステムでレコード鑑賞

ここの所LDのDVD化やレコードのデジタル化でPC用スピーカーの音ばかり聴いていましたが、久しぶりにレコードをメインシステムで聴いてみました。

最初「GREAT COMPOSERS' GREATEST MUSIC」の4枚目未完成/ドイツ・ロマンティストのA面:交響曲・第三番「未完成」(シューベルト)を聴きました。

音自体は悪く有りません。

ただ、楽曲が余り好みではなかった様で途中で飽きてしまい、B面の一曲目:ハンガリー舞曲第五番(ブラームス)を聴いてしまいました。

その後、目に付いたマリーンやポールモーリアに針をおろして、しばし鑑賞です。

PC用スピーカーばかり聴いていた為か、高域の伸びが少し、足りない様に感じてしまいましたが、低域の量感や各楽器の再現性はPC用スピーカーでは真似の出来ない部分です。

パワーアンプに火を入れるのも久しぶりなので、電源部がまともに動作するのか少し気になっていましたがSiCMOSFETも飛ぶ事無く心地良い音を聴かせてくれました。

SICMOSは簡単に飛びやすいと言うブログ書き込みが有ったりするので、保護回路使用していない自分としては、暫く使用していないと時々不安になったりする事が有ります(汗・・・

|

« G線上のアリア/バロックの三大巨匠 | トップページ | ブーニン「ミラノスカラ座」「八ヶ岳高原音楽堂」 »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/59502091

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにメインシステムでレコード鑑賞:

« G線上のアリア/バロックの三大巨匠 | トップページ | ブーニン「ミラノスカラ座」「八ヶ岳高原音楽堂」 »