« バリー・ホワイト | トップページ | サンプルCD「M・Aレコーディングスの世界」 »

Audio Accessory 2014 SUMMER

DCアンプマニアさんのブログで絶賛されていましたので、気になり購入してみました。

Rimg0546_r

「Audio Accessory 2014 SUMMER」と言う季刊誌です。

Rimg0547_r

*写真を見るとマイクの左右の間隔が結構広いような気がします。

付録のM・AレコーディングスのサンプルCDが欲しくて購入しました。

普段オーディオ誌はMJしか購入しませんがサンプルCDが目的ですので雑誌本体は付録みたいな普通と逆の感覚で購入しました。

とりあえずPCに取り込んでPCスピーカーでの試聴ですが、ワンポイントマイク録音とは思えないホール感やオンマイクの様な音で中々良さそうな感じです。

マルチマイクの人工加工音になれている私の耳にも違和感無くなじんでしまいました。

マイクは米谷淳一氏作らしいですがネットで「米谷淳一」で検索してみるとMJ2014・2月号から連載を始めていらっしゃいました。

デンマークDPA社のマイクを改造してライン出力とされているそうです。

コンデンサマイク直近にマイクアンプを取り付けて増幅しているみたいですので考え方は金田式と同じですが、マイクアンプが金田式とは記載が有りませんでした。

後日アップコンしてメインシステムでじっくり聴いてみたいと思います。・・・

追記

「Upconv」を使って96K/24bitにアップコンバートしてみましたが、PCスピーカーでは違いが有る様に聴こえたのは12トラック目の

「モーツァルト・ピアノ・ソナタ・ハ長調KV.545 よりアレグロ~アンダンテ」 金子陽子

のピアノの音だけでした。

その他は微妙に違う様な気はする物の判別つきません。

CD規格で、これ程良い音で録音出来るのは、やはりマイクとセッティングが優秀なのでしょうね。

「モーツァルト・ピアノ・ソナタ・ハ長調KV.545 よりアレグロ~アンダンテ」 

はメインシステムで聴けばもっとハッキリ違いが解るような気がします。

いづれにしても、このレーベルのCDは購入してみたくなりました。・・・

|

« バリー・ホワイト | トップページ | サンプルCD「M・Aレコーディングスの世界」 »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/59691620

この記事へのトラックバック一覧です: Audio Accessory 2014 SUMMER:

« バリー・ホワイト | トップページ | サンプルCD「M・Aレコーディングスの世界」 »