« 大田裕美「心が風邪をひいた日」 | トップページ | 「Audacity」ノイズの除去について・・・ »

「木綿のハンカチーフ」比較

CD「HIROMI OHTA」 35DH23 1982年

Rimg0539_r

をPCに取り込み「木綿のハンカチーフ」を比較してみました。

音が出た瞬間は「なんじゃこりゃ!」状態でした。

低域が出ずシャカシャカした音で小さいラジカセのSPで聴いているのかと思うほどです。

ボーカルはレコードのデジタル化に比べればくっきりした印象ですが全体的には聴けた物では有りませんでした。

当時発売されたばかりのCDP-101で聴いていて「CDの音はいい」等と悦に入っていたのが夢の様です。

当時はアンプはサンスイの907Limited,スピーカーはソニーのSS-G9かビクターのSX-7で聴いていたと思います。(丁度SX-7からSS-G9へ切り替わる頃です)

金田式は始めたばかりでDL-103用電池式ヘッドアンプを初めて作った頃です。・・・

|

« 大田裕美「心が風邪をひいた日」 | トップページ | 「Audacity」ノイズの除去について・・・ »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「木綿のハンカチーフ」比較:

« 大田裕美「心が風邪をひいた日」 | トップページ | 「Audacity」ノイズの除去について・・・ »