« やはりスピーカーの存在が消えました | トップページ | ブルーレイディスク・オーディオ »

「マーラー交響曲第三番ニ短調」ズービン・メータ(2)

ようやくPCよりM-5100SHにファイルを転送してメインシステムで試聴しました。

全体的には優秀な録音で鮮度も高くブラスの鮮烈な響き、打楽器の切れの良い響きで

弦楽器も美しく響くように感じました。

ただ「Audacity」のフィルター「ノイズの除去」の使い方が難しくて、完全にスクラッチのイズを消そうとするとppで楽器の余韻の音まで消えてしまい、かといってフィルターを弱くするとスクラッチノイズが目立ってしまいます。

何回か「ノイズの除去」の設定を変更して試聴を繰り返し、ギリギリのバランスで収録した物を聴きました。

聴いてみると打楽器のppの音がやはり気になってしまいます。

ぷつぷつと音が途切れてしまう様に聴こえました。

「ノイズの除去」を使用しないで、傷や埃によるプチノイズのみ修正した方が、スクラッチノイズやヒスノイズは有りますが音は良いように感じます。

脳内フィルターでスクラッチノイズやヒスノイズを無視して聴いたほうが音楽としては良いのかも知れません。

「マーラー交響曲第三番ニ短調」ズービン・メータ指揮の音源をハイレゾで配信してくれれば聴いてみたいです。・・・

|

« やはりスピーカーの存在が消えました | トップページ | ブルーレイディスク・オーディオ »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーラー交響曲第三番ニ短調」ズービン・メータ(2):

« やはりスピーカーの存在が消えました | トップページ | ブルーレイディスク・オーディオ »