« フレキシブルチューブ使用WM-61ADCマイク(5) | トップページ | MJ無線と実験2014年8月号 »

フレキシブルチューブ再購入

久しぶりに台風が直撃でした。

昨夜は「ゴー、ゴー」と一晩中風の音が響いており、本日午後になって漸く風が収まりました。

WM-61Aの三線式ソース出力を再度試そうと近所のダイソーでフレキシブルチューブ「USB LEDライト」を又購入して来ました。

やはりWM61Aを固定するにはフレキシブルチューブが便利です。

Rimg0615_r

*二線式ドレイン出力マイク

Rimg0639_r

手持ちで残っている カレントラインアンプ(ダイセン変換基板使用)マイクアンプか

Rimg0640_r
No218ラインアンプ(自作変換基板使用)マイクアンプ

Rimg0641_r

の入力BGA用Trを外してISC用FETを取り付けて試す予定ですが、

AOC付きでドリフトの少ないNo218ラインアンプ使用か、それとも無帰還で比較すると音の良いカレントラインアンプ使用か、

どちらの基板で試すか少し悩んでみます。・・・

|

« フレキシブルチューブ使用WM-61ADCマイク(5) | トップページ | MJ無線と実験2014年8月号 »

WM-61A DCマイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/59959906

この記事へのトラックバック一覧です: フレキシブルチューブ再購入:

« フレキシブルチューブ使用WM-61ADCマイク(5) | トップページ | MJ無線と実験2014年8月号 »