« KontonさんのPower IVC(6) | トップページ | KontonさんのPower IVC(7)その2 »

KontonさんのPower IVC(7)

調整に入りましたが、どうも旨く有りません。

Rimg0004_r

使用中のパワーアンプ用の±25V電源を持ち込んで

入力オープンでボリュームを最小にしてアイドリング電流調整用に取り付けた抵抗両端にテスタを接続して電源ONしました。

その後ボリュームを上げていくと、少し上げた所で測定用抵抗から白煙が上がり始めたので、一旦電源を切り抵抗が無事な事を確認してから、

注意深く、再度電源を入れて電圧から電流値を計算すると5A近く流れたようです。

オフセット調整用に取り付けた抵抗もかなり熱を持っていましたので、今度は出力にテスタを接続してみると16Vのオフセットが出ています。

基板のオフセット調整用ボリュームを調整しても余り変化が有りません。

ひょっとしたら発振しているのかも知れません。

kontonさんのアドバイス通り、補正コンデンサの容量を増やしたほうが良いのではないかと思います。

今日の所は調整は諦めてLTSpiceを使ってもう少し検討した方が良さそうです。

電源も少し心配になりましたので、出力電圧±25Vを再確認して、

元のメインシステムに戻し「試聴会音源」で音を出してみましたが、問題無く心地良い響きを聴かせてくれました。・・・

|

« KontonさんのPower IVC(6) | トップページ | KontonさんのPower IVC(7)その2 »

konton」カテゴリの記事

コメント

kontonさん
おはようございます。
>ボリューム最少は無謀ではないでしょうか。
やはり無謀でしたか(汗
電源を壊したくない。
初段の石のPcが小さいと言う思いが先にたってしまい、現在使用中のPOWER IVCが
最小に絞っても問題無いと言う事も有り、
通常と違うやり方をしてしまった様です。
>位相補正のCの容量によります。
Cの容量を先に増やしてから再度トライしてみます。・・・

投稿: LA4 | 2014年8月 3日 (日) 07時54分

LA4さん、こんにちは。
ボリューム最少は無謀ではないでしょうか。10kΩボリュームに最低1kΩはシリーズにして、NFBを制限しないといけないように思います。調整はボリューム最大でするのが良いと思います。どこまでボリュームを最少方向に絞れるかは、位相補正のCの容量によります。

投稿: konton | 2014年8月 2日 (土) 22時08分

はこにわ さん
コメントありがとうございます。
思い込みで、どこか間違っているのかも知れません。
今一度 kontonさんの回路図をプリントアウトして
じっくりと自分で組んだPCBEの回路図、パターン図と比較してみます。

投稿: LA4 | 2014年8月 2日 (土) 16時51分

LA4さん、ブログいつも大変参考にさせて頂いております。
ボーっと基板図を眺めているとTr3・Tr4あたりの引き廻しと
回路図に不可思議な点を感じました。
老婆心ながらコメントを付けさせて頂きました。

投稿: はこにわ | 2014年8月 2日 (土) 16時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/60083714

この記事へのトラックバック一覧です: KontonさんのPower IVC(7):

« KontonさんのPower IVC(6) | トップページ | KontonさんのPower IVC(7)その2 »