« Kontonさん風Power IVC(SiCMOSドライブ)(6) | トップページ | 今日は色々と・・・ »

Kontonさん風 vs ALL FET (SiCMOSドライブ)

ビルエヴァンスの音源でKontonさん風 とALL FET で聴き比べしてみました。

殆ど違いが判りません。

数回程入れ替えて聴いてゆくと、微妙に違いが出てきます。

「なんだろう~」

と思いながら聴いていて、気が付いたのは音の奥行き感が違う様だと言う事です。

ギャラリーの会話やグラスの触れる音等がKontonさん風の方が,

よりクリアに聴き取れます。

音の分離が良いから奥行きも感じられるのかも知れません。

Rimg0044_r
次にデジタル化して取り込んで有る「ボレロ/ズービン・メータグレイテスト・ヒット」をアンプを数回入れ替えて試聴しました。

やはりKontonさん風の空間表現の方が上回っています。

奥行きが有り前後の定位もしっかりしています。

聴こえるか聴こえないかのギリギリのトライアングルの小さな響きがしっかり再現されています。

比較すると僅かでは有りますがALL FETは音が平面的になるようです。

ドライブ段、出力段は全く一緒で、使用する電源部も一緒ですから、入力部の石と回路の違いが音の表現力の違いとなっている様です。

心配していた温度上昇も一定の所で安定するようでした。・・・

|

« Kontonさん風Power IVC(SiCMOSドライブ)(6) | トップページ | 今日は色々と・・・ »

konton」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/60297130

この記事へのトラックバック一覧です: Kontonさん風 vs ALL FET (SiCMOSドライブ):

« Kontonさん風Power IVC(SiCMOSドライブ)(6) | トップページ | 今日は色々と・・・ »