« iOS8 | トップページ | ジュリオラ・チンクェッティ »

LA4/なき王女のためのパヴァーヌ

ダイレクトカッティング盤では無いのが残念ですが久しぶりにレコードから収録デジタル化した「LA4/なき王女のためのパヴァーヌ」を聴きました。

一言で言うと、これ以上何を求めるのだろうと言葉しか有りません。

フルートやサックスの音が目の前に現れ、響き、存在感が有り、ベース、ギター、ドラムの音等どれをとっても不満な無い音が空間を支配し響き渡ります。

ハード的にはもう十分かなと言う感じです。

これから季節的には涼しくなってオーディオには益々最適な季節になってきます。

パワーIVCはkontonさん風SiCMOSFETDRIVE,SiCMOSFET出力パワーアンプで十二分に満足してしまいました。

後は好みの楽曲を探して聴く方が、人生を楽しく過ごせるのかも知れません・・・

|

« iOS8 | トップページ | ジュリオラ・チンクェッティ »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/60351761

この記事へのトラックバック一覧です: LA4/なき王女のためのパヴァーヌ:

« iOS8 | トップページ | ジュリオラ・チンクェッティ »