« 「ヴァレーズ:アルカナ」 ズービン・メータ 指揮 | トップページ | Kontonさん風Power IVC(SiCMOSドライブ)(5) »

優柔不断

kontonさん式Power IVC(SiC MOS FET DRIVE)用のヒートシンク加工で手間取っています。

3mmのタップでビス用の溝を切っているとき、タップが折れてしまい穴の位置を少しずらして再度穴空けしたりしています。

そんな作業をしながら、M-5100SHに入れて有るファイルを再生して聴いていました。

途中でALLFET SiCMOS FETDRIVE POWER IVCと切り替えながら聴いていますと、

ALL FETタイプも捨てがたい音です。

比較試聴すると明らかにkontonさん式SiCMOS FET DRIVE POWER IVCに音の分離や定位は劣ります。

ハッキリと「こうだ!」と言え無くて残念ですが、低域の表現が微妙に違うと言う事と、

VRをゼロまで絞っても、何の問題も無いと言う点が捨てがたい様な気がしています。

言葉に表せない微妙なALL FET特有の雰囲気があるのかも知れません。

M-5100SHはファイル間の切り替え時、スピーカーよりロックの外れた「ピー、シャー」と言う結構大きなノイズ音が出ます。

VRを絞れれば何の問題も有りませんが、VRを絞れないと、スピーカーに対して負荷を掛けていないか心配になります。

ALL FET (SIC MOS FET DRIVE)Power IVC は音の分離、定位が比較すると甘いと言う点を除けばKontonさん式Power IVC(SiC MOSFET DRIVE)と遜色無い音で使いやすいです。

純粋に音だけで判断すれば迷う事無くkontonさん式で決まりですが、使い勝手やALL FETでの音色をかんがみると選択の余地が出てきます、・・・

|

« 「ヴァレーズ:アルカナ」 ズービン・メータ 指揮 | トップページ | Kontonさん風Power IVC(SiCMOSドライブ)(5) »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/60269555

この記事へのトラックバック一覧です: 優柔不断:

« 「ヴァレーズ:アルカナ」 ズービン・メータ 指揮 | トップページ | Kontonさん風Power IVC(SiCMOSドライブ)(5) »