« ヴィバルディ「調和の幻想」試聴 | トップページ | マイルス・デイヴィスを聴いて »

ジャックルーシェ「プレイ・バッハ」も聴いてみました

CDから取り込んだテレサ・テンを聴いてみると、声がきつさを感じる一歩手前で絶妙にクリアな感じで中々良かったです。

良かったですが、酔っ払って飲み屋さんのカラオケで聴くほうがもっと楽しいのかな?

などと、ばかげた妄想が湧いてきます。

肝心のジャックルーシェは192/24で収録した様ですが、LDからだったかレコードからだったか忘れてしまいました。

スクラッチノイズが無かったのできっとLDから収録した物でしょう。

ライブ録音らしいのですが、中々良い音で楽しめました。

途中で少し篭りを感じる時も有りましたが、全体的には各楽器の分離も良く、ピアノの音が自然な響きで、ベースの音も豊かに響き、全体的に表現力豊かで満足な音でした。

エージングが進んだのか、kontonさん風POWER IVC(SIC MOS FET DRIVE)は、

自然な響きなのに、一つ一つの音が立体的に空間に浮かび上がる様な感覚です。・・・

|

« ヴィバルディ「調和の幻想」試聴 | トップページ | マイルス・デイヴィスを聴いて »

SiC MOS FET」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャックルーシェ「プレイ・バッハ」も聴いてみました:

« ヴィバルディ「調和の幻想」試聴 | トップページ | マイルス・デイヴィスを聴いて »