« 今更ながらPDR-D7(2) | トップページ | 夢・・・幻・・・ »

CD再生にはまる・・・

ベートヴェン交響曲第三番変ホ長調作品55「英雄」

ズービン・メータ指揮/ニューヨーク・フィルハーモニック

1981年 38DC2

を聴いてみると、スピーカーの存在が消えて、空間より演奏が聴こえます。

「CDで、こんな音が出るんだ・・・」

と暫し聴き惚れていました。

試しに「image 3」の一曲目

ヴァンゲリス「アンセム(オーケストラ・バージョン)」

(2002 FIFA WORLD CUP公式アンセム)

を聴いてみると、大して音量を上げていないのに、重低音でフローリングが揺さぶられていました。

ここまで重低音を感じたのは初かもしれません。

長らくPDR-D7を使っていなくて、SIC MOS FET DRIVE  IVC使用では初めて?のせいかもしれませんが、

何が原因で今の様な驚異的にすら思える再生音になったのか、皆目見当がつきません(汗

もっと良いCDプレイヤーを使えば、さらに良い音がするのでしょうね・・・

|

« 今更ながらPDR-D7(2) | トップページ | 夢・・・幻・・・ »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/60459343

この記事へのトラックバック一覧です: CD再生にはまる・・・:

« 今更ながらPDR-D7(2) | トップページ | 夢・・・幻・・・ »