« ガーシュイン/「パリのアメリカ人」(2) | トップページ | Jazzでは・・・ »

リムスキー交響曲「シェヘラザード」

別に聴かせて頂いた、無指向性DCマイク録音の、

リムスキー交響曲「シェヘラザード」を

ALL FET IVCとkontonさん風IVCで聴き比べてみて、ザックリと表現すると、

奥行きの表現に勝るkontonさん風と左右の広がりに勝るALL FETと言う感じでした。

kontonさん風は何とも言えぬ奥行きの表現力が有り、うっとりした気分で聴けますし、

ALL FETは左右の空間の広がりに壁が無く艶っぽいバイオリンの響きにうっとりします。

微妙な表現力の違いは有りますが、どちらを聴いても特に不満は有りませんでした。

微妙な違いを誇張して表現すると、上記の様な違いになると思います。・・・

|

« ガーシュイン/「パリのアメリカ人」(2) | トップページ | Jazzでは・・・ »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/60415944

この記事へのトラックバック一覧です: リムスキー交響曲「シェヘラザード」:

« ガーシュイン/「パリのアメリカ人」(2) | トップページ | Jazzでは・・・ »