« iPhone6 plus不調(6) | トップページ | iPhone6 plusフリーズ回避 »

スピーチサポートDS

80歳と言う年齢の事も有り、抗癌治療はせず定期的な検診だけしていた父親の喉頭癌でしたが、

いよいよ呼吸が出来なくなるかも知れないとの事で、検診日の25日に急遽入院手術となりました。

声を失ってしまいましたので、意志の疎通が難しく本人も苛々しています。

ホワイトボードを購入した物の、歳をとってから字を書く事をしたがらない父親でしたので、筆談をしたいのですが書かすのも一苦労です。

PCが使える人ならタブレットを使用して筆談、もしくは音声合成という手もあるのですが、

パソコン等、触った事の無い父にはホワイトボード以上に無理な相談です。

そこでネットで色々探してみると任天堂DSを使った音声合成ソフト

「スピーチサポートDS」

と言う物が有るようです。

ネットワーク環境が必要でDSでは駄目でDSi以上が推奨です。

Img_0332_r
・ 入力モードOnsei01


Onsei02


Onsei03


早速中古ショップでDSiを購入して、コンビにでプリペイドカードを買いソフトをダウンロード購入しました。

操作は画面の五十音キーをペンタッチ入力して”話す”ボタンを押すと音声再生してくれます。

PCでの音声再生に比べれば貧弱な再生音で、いかにもコンピュータの合成音で

アクセントもおかしいです。

* 説明書を読むと、設定でアクセントを多少変えられそうですが、なれないと難しそうです

でも、この値段(500円)で玩具の様な機械で動作するのですから立派な物です。

予測変換機能も有りPCの解らない父親でも、これくらい簡単な操作なら、

何とか触れるのではないかと思って購入しました。

うまく使ってくれて、少しでもストレス解消になってくれれば良いのですが・・・

|

« iPhone6 plus不調(6) | トップページ | iPhone6 plusフリーズ回避 »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/60892292

この記事へのトラックバック一覧です: スピーチサポートDS:

« iPhone6 plus不調(6) | トップページ | iPhone6 plusフリーズ回避 »