« ダイレクト vs デジタル | トップページ | AUDIO LAB RECRD 試聴 »

AUDIO LAB RECRD

久しぶりにレコードのデジタル化を試して見ました。

構成は何時もの通りで

金田式ドライブアンプ駆動 YP-1000(DL-103 電流伝送)→No218風イコライザアンプ→No200風電流伝送化ADC→MR-2000S

です。

レコードはAUDIO LAB RECRDのスーパーアナログディスク 45r.p.m版です。

・ THE JAZZ 45r.p.m 「サマー・タイム」 ALJ-2878

Rimg0072_r
1 マイ・フィーリッシュ・ハート

2 サマー・タイム

3 ジーズ・フィーリッシュ・シングス

4 ルーズ・グッド・デュース

5 ウイッチ・ドクター

・ THE JAZZ 45r.p.m 「サイド・バイ・サイド 2」 ALJ-2877

Rimg0073_r

1 シーズ・ファニー・ザァット・ウエイ

2 イフ・アイ・ハッド・ユー

3 ソー・タイアード

4 ラバー・マン

5 ジョイ・スプリング

編集の為PCで聴くと、エネルギッシュな音に感じ、結構良い音でデジタル化できている感じです。

* ヘッドフォンでモニターしているとマスターテープに転写されたと思われる別の演奏が、かすかに聴こえたりします

「Audacity」で波形を見ても、オフセットやドリフトも無さそうでした。

プチノイズを修正してメインシステムで聴くのがが楽しみです。・・・

|

« ダイレクト vs デジタル | トップページ | AUDIO LAB RECRD 試聴 »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AUDIO LAB RECRD:

« ダイレクト vs デジタル | トップページ | AUDIO LAB RECRD 試聴 »