« ボイリング・ポイント | トップページ | LXA-0T3 試聴(2) »

LXA-0T3 試聴(1)

長い間放置していたStereo 2014/01号付録

LXA-0T3を今日聴いてみました。

PDR-D7ライン出力→LXA-0T3→オンケン

スターダスト 村岡健・プレイズ・スタンダード 32DH275 1985年

を聴いてみると、予想に反して悪く有りませんでした。

付属の電源アダプタで、エージングしていないLXA-0T3オリジナルで、不満無く聴けてしまいました。

本音で言いますと、物凄いショックです。

自分の耳はかなり老化している様です。

こんな玩具のアンプで不満無く音楽が聴けるのなら、金田式や自作はやめたほうが良さそうです。

スピーカーさえオンケンに固定すれば、今の私には付録のデジアンで十分の様です。

今まで何をやってきたのでしょうか・・・

|

« ボイリング・ポイント | トップページ | LXA-0T3 試聴(2) »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/61106120

この記事へのトラックバック一覧です: LXA-0T3 試聴(1):

« ボイリング・ポイント | トップページ | LXA-0T3 試聴(2) »