« トラッキン/ルー・タバキン試聴 ・・・ | トップページ | ポール・モーリア(2) »

ポール・モーリア(1)

このレコードを聴くのは何年振りでしょうか・・・

Rimg0102_r

「PAUL MAURIAT POPS HITS ANTHOLOGY LOVE SOUNDS HITS」

FD-7104~6 1976年

働き出してすぐに購入した一枚です。

三枚組みのレコードなのですが、良く聴くのは「オリーブの首飾り」の入っている一枚目です。

何十回と聴いて、色々なカートリッジがトレースしていますので、盤面は結構痛んでいるはずなのですが、思いのほかノイズの少ない録音が出来ました。

思い入れ深い一枚なのですが、デジタル化データを試聴してみると少しイメージが違います。

そこでALL FETPOWER  IVCに変更して再度聴いてみると、こちらの方が記憶の中のイメージに近い音でした。

つまり、楽器の定位が少しぼやけて聴こえる方が、過去に何十回も聴いた記憶のイメージに近い感じでした。

録音のせいも有るのでしょうが、スピーカーの存在も消える事は有りませんでした。

悪い音とは思いませんが、そうそう聴きたくなる一枚でも無い様です。・・・

|

« トラッキン/ルー・タバキン試聴 ・・・ | トップページ | ポール・モーリア(2) »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポール・モーリア(1):

« トラッキン/ルー・タバキン試聴 ・・・ | トップページ | ポール・モーリア(2) »