« 又も正相、逆相で(1)・・・ | トップページ | 又も正相、逆相で(3)・・・ »

又も正相、逆相で(2)・・・

DCマイク録音の音源「パイレーツオヴカリビアン」で正相、逆相を試して見ました。

違いがよりハッキリします。

ネットで書かれていた方の表現がピッタリ来ますので借用して書きますと

正相 : 音場は広く感じますが音像が少しぼやけて聴こえる。

逆相 : 音像はくっきりと聴こえますが音場が少し狭く感じる。

と、こんな感じです。

* スピーカーユニットの+に電池の+、-に電池-を接続した時コーン紙が前に出てくる状態を正相、逆に引っ込めば逆相

ネットで調べていたら書かれていたのですが、JBLの4343辺りのユニットは逆相らしいですね。

ネットワークで補正されていたのでしょうか。

普通なら何も考えず、アンアプのプラスをスピーカーのプラスに配線してしまいます。・・・

追記

以前の書き込み

http://la4.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/4-3ad8.html

で、KAZさんより、細かい説明をいただいていました。

半年過ぎてすっかり記憶が抜けていましたが、「以前書いたのは何時だ?」

と読み返してみて判りました(汗

|

« 又も正相、逆相で(1)・・・ | トップページ | 又も正相、逆相で(3)・・・ »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/61339554

この記事へのトラックバック一覧です: 又も正相、逆相で(2)・・・:

« 又も正相、逆相で(1)・・・ | トップページ | 又も正相、逆相で(3)・・・ »