« Best of Image | トップページ | 真茶色 »

至福の一時(3)

自作アンプ作りが出来る喜びを噛み締める一時でした。
No218風イコライザアンプ→kontonさん風Power IVC→オンケン
という実にシンプルな組み合わせで
滅多に聴かない
「フレンドシップ」リーリトナー&ジェントルソウツ VIDC-3  1987年
のA面を聴きました。
さすがに曲間こそプチノイズが聴こえますが、それ以外はスクラッチノイズ、プチノイズが聴こえず、まるでCDを聴いている様な滑らかな再生音でした。
メーカー製のSiC MOS Power アンプがこの世に無い以上、この音を堪能できるのは一部の自作オーディオマニアに限られます。
実に勿体無い事ですね。
人生は有限なのですから、音楽好きで自宅で音楽を聴きたいならSiC MOS FETアンプの音を試してみるのも面白いと思います。・・・

|

« Best of Image | トップページ | 真茶色 »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/61503940

この記事へのトラックバック一覧です: 至福の一時(3):

« Best of Image | トップページ | 真茶色 »