« 久しぶりにカーペンターズ | トップページ | 懐かしいレコードを・・・ »

レコード再生で至福の一時・・・

No218イコライザアンプ+contonさん風VGASiC MOS FET DRIVE Power IVCで

・ エバーグリーン ダニエル・ビダル GXI 9015 1976年

・ 私の声が聞こえますか 中島みゆき AV-9001 1976年

・ 詩草 小椋 桂 1971-1981 40MX2031/32 1981年

を聴きました。

本当に不思議な事にスクラッチノイズは皆無で滑るようにレコードが回転してゆきます。

時々入るプチノイズに気が付かなければデジタル音声を聞いていると錯覚してしまうでしょう。

ダニエル・ビダルを初めて聴いたのは中学校の頃の一学年上の先輩の家でした。

1952年モロッコ生まれと有りますので私より五歳上になります。

もう60歳を過ぎていらっしゃるのですね。

元気でいらっしゃるのでしょうか。

ジャッケットの写真を見ると、本当にフランス人形の様ですね。

親戚に買ってもらったモノラルのカセットレコーダーに録音させてもらい歌詞を一所懸命覚えようとしていた記憶が蘇ります。

時代が時代だけに曲によっては帯域を狭く感じますが、その分中域のハリを感じる音です。

私と同年代の方で有ればコマーシャルにもでていましたので覚えが有るかも知れません。

中島みゆき、小椋 桂は就職一年目の寮で熊本出身の同期の人が聴かせてくれました。

フォークには興味の無かった私ですが、田舎から初めて東京と言う大都会にでたと言う事も有るのか心に響く物が有り、レコードを買って残していました。

ヴァイオリンの響きの艶っぽさやピアノの音のリアルさにぞくぞくして聴いていました。

40年前には出せなかった生々しい音に感慨もひとしおです。

現状

YP-1000(金田式)+ No218イコライザアンプ+ kontonさん風Power IVC

この組み合わせの音には満足しきっていますが、停滞は退化で有るは金田先生の言葉だったでしょうか。

さらなる進化はいかに・・・

|

« 久しぶりにカーペンターズ | トップページ | 懐かしいレコードを・・・ »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/61584496

この記事へのトラックバック一覧です: レコード再生で至福の一時・・・:

« 久しぶりにカーペンターズ | トップページ | 懐かしいレコードを・・・ »